(not provided)が見える!?『Keyword Hero』で全て解決

(not provided)が見える!?『Keyword Hero』で全て解決

 

SEOマーケターが頭を悩ませる(not provided)問題

オーガニック検索で(not provided)が増えまくってる問題。

2015年の8月からYahoo!もSSL化したことで最早対策のしようがない程(not provided)が増加。

遂に当サイトでも90%を超える始末に…

「こんなんじゃ対策をしようにも出来ない」と頭を悩ませるSEOマーケターの方は多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。

(not provided)が40%以下に!?『Keyword Hero』で課題解決

今までオーガニック検索でコンバージョンにつながっているキーワードを抽出して、ランディング先のページを徹底的に強化し続けていたのですが、(not provided)の増加により、その方法が使えず困り果てていたところ…

Keyword Heroというツールに出会いました。

このツール、どんなツールかというと(not provided)が見える!?というもの。

そんなアホな。

導入もクソ簡単で、アナリティクスとサーチコンソールを登録するだけ。

こんなんで(not provided)が見えるようになるなら苦労しないよ…

登録完了後、新たに作成されたビューを見てみると…

え。

『(not provided)が…40%以下になってる…』

驚嘆です。

しかも、アナリティクスのデータに反映されるため今までと全く違和感なく使える状態。

そして何よりコンバージョンに寄与しているキーワードがきちんと分かるのがこのツールの優れている点。

アナリティクスとは別の管理画面で(not provided)が見えるようになるツールはいくつかあれど、アナリティクスのエクスプローラーにそのまま反映されるツールはなく、(not provided)の割合は減ったけど結局どのキーワードから流入してきた人がコンバージョンしたんだっけ?

という状態になっていたのですが、このツールを導入しただけで使い慣れたアナリティクスにデータが反映されるのでその後の解析もスゴーーーーーーくスムーズに。

『このツール、独り占めしたい。』

とも思いましたが、どうせ誰かが気づいてスゲーツール見つけたー!!!!!!と誰かが叫び出すと思ったので、善意の心が働きこうして情報共有することにしました。

(not provided)が増えまくっていて困っていたSEOマーケターの方々は是非是非このツール利用してみてください。

ちなみに有料版は試していないので、もし試した方がいればその結果を教えていただければ幸いです。

Keyword Hero

https://keyword-hero.com/

Marketingカテゴリの最新記事