夢中と集中

NO IMAGE

仕事で大事なのはこの2つ。

いつもこの2つの大事な要素が揃っているか、それだけを考える。

もし、どちらかが欠けているなら環境を変えるか担う役割を変えるべき。
特に考えなければならないのは、夢中になっているのに集中出来ない時。

これが一番厄介だ。

夢中になれるものが見つかったのに集中して取り組めない。

これは環境を変えるベストなタイミング。

反対に、集中してるのに夢中にはなれないのであれば、領域か役割を変えて夢中になれるものを見つける必要がある。

夢中と集中。

この2軸で今の自身の働き方を見つめる機会を時折設けること。

それが、働くことを楽しむために必要だと考えている。

newsカテゴリの最新記事