メンタルヘルスケアの市場規模が急拡大

メンタルヘルスケアの市場規模が急拡大

メンタルヘルスケアの市場規模

メンタルヘルスケア市場というのは心の健康についての製品やサービスが生み出す生産性をまとめた市場のことを指します。

このメンタルヘルスケアの市場規模がどんどん拡大していっていることをご存知でしょうか。

コロナ禍で様々な市場が停滞、若しくは縮小していく中で毎年成長している超成長市場なのです。

ではどれくらい市場が成長しているか推移と合わせて見てみましょう。

メンタルヘルスケア市場が何故成長しているか

これは悲しい現実なのですが、厚生労働省が発表している精神疾患を有する患者数が年々増加しています…

出典:精神保健医療福祉のデータと政策

患者数の増加と合わせて対応するためのサービスができ、このメンタルヘルスケア市場がどんどん成長しています。

出典:シードプランニング EAP・メンタルヘルス市場動向調査

2020年には200億円に、そして今後ますます必要性が増していき、拡大していくことが予想されます。

特にアメリカでは飛躍的に市場が拡大しており、なんと今後5年で5兆円以上に市場が成長すると言われています。

メンタルヘルスケアの今後

この市場が拡大していくことは一見不幸に見えます。

しかし、今まではメンタルヘルスケアへの理解が不足しており、ケアが必要だった方が顕在化していなかっただけとも考えられます。

世の中がこのメンタルヘルスケアの重要性に気づき、この市場が拡大することでケアが必要な方がきちんとケアを受けられるようになり、この市場が今後益々成長し、未然にケアできるようになれば、幸せになる方が増えていくでしょう。

さいごに

今は多くの方が精神疾患と診断を受けているという報告ばかりが目立ちますが、本質的にはその課題が顕在化され、課題を未然に解決するためのアプローチが一般化されていけば、日々の生活の充実度が上がりQOLが改善されていくはずです。

個人的には今後、メンタルヘルスケアは市場の拡大とともに「未然に防ぐ」ことができる方が増え、本質的なQOLを改善するための重要な市場となると考えています。

メンタルカテゴリの最新記事