Macにローカル開発環境を構築する…はずがVagrantがコケる[VirtualBox + Vagrant]

Macにローカル開発環境を構築する…はずがVagrantがコケる[VirtualBox + Vagrant]

mac

新調したMacにローカル開発環境を構築しようとしたら…

先日Macを久しぶりに新調しました。

今回は、念願のRetinaです。MacBookProです。

 

そして、恒例のこれからこの愛機をどう仕上げていこうかという時に真っ先に問題になるのが、ローカル開発環境の準備。

今までは、何だかんだとVMとか使わず、MAMPで無理矢理過ごしてきていましたが、移動時間が以前より長くなったことも踏まえ、ローカルでの開発環境をより充実させた方が良いという結論にいたりました。

そして、何となく頭で設計した最適な環境を書き出して…

「いざ!」

と思ったらなかなか早い段階で躓くというハプニングに見舞われております。笑

 

ハプニングの内容は以下の通り…

[code]

==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes…

The guest machine entered an invalid state while waiting for it to boot.
Valid states are ‘starting, running’. The machine is in the ‘poweroff’ state.
Please verify everything is configured properly and try again.

If the provider you’re using has a GUI that comes with it,
it is often helpful to open that and watch the machine, since the GUI often has
more helpful error messages than Vagrant can retrieve.

For example, if you’re using VirtualBox, run `vagrant up` while the VirtualBox GUI is open.
The primary issue for this error is that the provider you’re using is not properly configured. This is very rarely a Vagrant issue.

[/code]

 

自分の理解力と技術力のなさに不甲斐なさを感じる一方。

誰かのせいにしたい衝動に駆られ、Virtualboxが悪いんじゃないか、Vagrantが悪いんじゃないかとググりまくる日曜深夜の暗い部屋の中。あぁ、落ち着いて早く寝たい。笑

 

 

Macカテゴリの最新記事