「地頭」って何? 就活で飛び交う“謎ワード” / 要は波長が合うか合わないか

「地頭」って何? 就活で飛び交う“謎ワード” /  要は波長が合うか合わないか

就職活動中の学生で、一番悩むワードは以下の記事の通り「地頭」だと思う。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/112400111/

記事のメイントピックスになってる「地頭」に関して、噛み砕いて言えば「ちゃんと受け答えすること」が出来る人だ。

特に大事なのは「受け方」で、残念ながら不採用になってしまう学生の多くが、この「受け方」が下手な場合が多い。

「受け方」の上手い人は、相手がどう受けてほしいかを考えて答えることが出来る人で、下手な人はその真逆。

例を挙げれば、相手が謙遜したコメントに対して「はい」と答えてしまう人。
これは最低の受け方。

そこで「いやいや」と相手を敬う答えが伝えられて、且つ相手の土俵に関連した話題で気の利く一言が言える人が「受け方」の上手い人だ。

「地頭」って何だよ。
と悩んでいる学生は、要は採用担当者に波長を合わせて、相手に不快な思いをさせない答えをきちんと返せれば「地頭」が良い!と評価されるはず。

就活に納得のいく結果が得られていない学生は、良いこと言おうと意気込む前に、まずはそこから見直してみてほしい。

[youtube http://youtube.com/w/?v=7Gycq0_GQeo&sns=em]

newsカテゴリの最新記事