SMAP解散はプロダクトライフサイクルで考えれば必然

SMAP解散はプロダクトライフサイクルで考えれば必然

smap解散

SMAP解散!?

SMAPが解散するというビッグニュースが流れ、騒然としていますが、どうやら事務所内の派閥争いの末、起こった問題のようです。
以下、参考

http://blog.esuteru.com/archives/8470195.html
現社長のジャニー喜多川の娘につくか、育ての親ともいえるマネジャーにつくかでSMAPはマネジャーを選択し、マネジャーの退社に伴い独立とのこと。

・・・?

ちょ、待てよ。

 

どちらの派閥にどのグループが属しているかを見る限り…こりゃマーケティング視点で見れば『プロダクトライフサイクル』の考え方と似てるな…と。

SMAP解散から考えるプロダクトライフサイクル

ということで、『SMAP解散からプロダクトライフサイクルを考えてみよう』という流れに。

参考までに、プロダクトライフサイクルとは…

http://marketingis.jp/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB

 

で、まずは娘のジュリー喜多川派グループは以下の通り。

  • TOKIO(成熟期)
  • 嵐(成長期)
  • 関ジャニ∞(成長期)
  • NEWS(成熟期)
  • KAT-TUN(成熟期)
  • Hey!Say!Jump(成長期)
  • V6(成熟期)
  • KinKi Kids(成熟期)
  • タッキー&翼(成熟期)
  • NYC(成長期)

 

で、SMAPマネジャーの飯島派は以下の通り。

  • SMAP(衰退期)
  • 山下智久(衰退期)
  • Kis-My-Ft2(成長期)
  • Sexy Zone(成長期)
  • ABC-Z(導入期)

カッコ内がプロダクトライフサイクル的にどのフェーズにあたるかを表しています。

そこから考えると、本当に派閥争いがあったとすれば負けるのは必然で、責任をとるべきはそのグループの長であるSMAPとマネジャーとなるでしょう。

アイドルといえど、ビジネスマンと同じなんですね…怖い怖い。

残された同派閥のグループがどうなるのか、本当にSMAPが解散ということになれば様々動きがありそうなので、マーケティングという観点で観察しといても良いかもしれません。

 

newsカテゴリの最新記事