「時間」という平等な財産をどう活かすかが幸せへの鍵

「時間」という平等な財産をどう活かすかが幸せへの鍵

時間という平等な財産

人種が違えど、生まれ育った場所が違えど、全ての人類において平等に与えられたもの、それは時間です。

この世に産まれてから死ぬまでの期間においては違いは有りますが、生きている間は平等に動き、平等に与えられる財産である「時間」。

この、時間をいかに有用に活用するかということが幸せを手にするか否かの分かれ道となります。
【PR】 20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

 

今回紹介するこのTED × Saku(長野県佐久市)で行われた動画は、「時間」に焦点をあてた素晴らしい内容となっており、私はこの動画を見て、非常に前向きになりました。

未来に不安を抱えている人、これからどうしようか…とキャリアプランに悩んでいる人、まずはこの動画を見て、自分の「時間」に対する考え方を整理してみてはいかがでしょうか。

それでは、動画をご覧ください。

(※動画の下部に、全文書き起こしたテキストを記載しています)

 

 

トマトの話はできません

ピアノも弾けませんとなるとこいつに聞いてみなきゃいかんですよたくさんいろんな人たちの素晴らしいお話をたぶん聞かれてると思います。

んでそういう素晴らしいお話はできないのでこのクマと会話する15分間をみなさんにプレゼントします。

何をしゃべるか今から君と考えようと思うんだよね四次元ポケットの話とかチベットの話とか俺できないし今日ねここでお話したすごいことなしとげたような人たちと俺全然レベル違うしそして今ね会場の空気感じてるでしょう最後にこいつかよみたいなねこういう空気もちゃんと感じ取っていくのが人の生きる道だということをキミとお話して15分すぎたかったんですけどそういうわけにもいきません誰にでもできるではないんですけども僕もねあの大それたことをやってきてませんしあっという間に41年間の人生が過ぎてしまいましたんでその41年間で

自分があ、こうやったったらいいんじゃないかななんていうことぐらい

本当にに微々たることですけどみなさんにお話をしようかなと思っています。

もう2分過ぎてしまいましたこの2分を使うためにこの人を用意していただいたわけですけどねじゃあ本題に移っていこうと思います。

時間という財産限られた財産をどうやって使っていけるのかなんていう話をしようかなと思ってるんですね今までいろんなこと要は自分がなにを成し遂げたいのかとかこういう事をやってみたいとかって言って人生を歩んできたわけではありません

やりたいことをやりたかったんですね実はですねこれなんで用意していただいたかっていうとまあこういうTEDxっていう素晴らしいシチュエーションもあるのですけども7年前に実はどうしてもやりたくてやっていたイベントがあります。

それは本当にクマのぬいぐるみに90分間ずっと僕がしゃべりかけるのを300人の方に見ていただくというイベントだったんですでもね、それ誰も考えませんよねめちゃくちゃやりたかったです僕やりたくて3年続けたんですけどうちのスタッフに潰されました

でですね要は夢かなえたい今日たぶんここには集まるの方々も自分はこうしていきたいとかねこういうことやってみたいとかこういう会社作りたいんだとかこういう世の中になりたいんだよ

いろいろとたぶん皆さんにかなえたい夢があると思います。

いまここでパッと発表したい方がいると思います。

ので挙手どうぞあれ?TEDxってそういう場所ですよねもう一回行きます。

今たぶんイングリッシュだったと思うので日本語に変えます。

今ここで自分がかなえたい夢ちょっとしゃべりたいという方、どうぞあれ?そうそうさっきねあのケムさんが言っていた今のはカンボジア語です日本語で言います。

けどこれをやるともう56秒みなさん協力してください

要は夢をかなえたい多分みなさんあると思うんですよあるんだけども僕のところにも全国からたくさんの人たちが

どうやったら自分の夢かなえられるのですか長岡さんみたいにいっぱい来ます。

でも来ていろいろ話しているとですねなかなかそれを進めていかない人たちもいます。

そして全国いろんな所へ僕公演回ってます。

けどもましてや自己啓発系のセミナーへもいっぱい行きます。

そうするとですねその地域に2年ぶり言ったんですけど顔ぶれが変わってないんです顔ぶれは変わってなくて懇親会で話すると話す内容もまったく変わってないんです

そして話を聞いていくと

自分のやりたいことをやって生きるというところにあまり精通していかないすごく難しいこと考えているんですねそして分かっていてもあきらめなければならない現実があるんだよ君と僕は違うんだよみたいな最後切れられるですけどいやいやいや最初あなたが僕に相談を持ちかけたんではないんでしょうかと仕方がないどんな諦めの理論があるかというとこういうことです

ます。

お金がありませんっていうんですねそうお金がなかったら何もできないかといったらそうじゃないと思うんです僕は高校の教員をやめて無職で結婚をしましたそれは食べさせていただくわけではありませんそして本当にお金がなくなってすぐに自分で起業をしたわけです

小さなショットバーをスタートしましたオープンの日僕の手元にあったのは725円ですそれしかありませんでしたなので初日に来た人たちにはお釣りがありませんのでありったけ置いていってくださいとお願いしました

その日の売り上げ5万円これが僕の独立のスタートですお金が無いことはあまり理由になりませんなかったらつくればいいそして経験がない僕はショットバーの経営もそうですしそれから出版社も自分で作りました経験があったかというとありませんなにがあったかというとやりたかっただけですそしてそこに対して自分が一歩を踏み出したっただけなんですね

僕の連れには中卒のやつらがいっぱいます。

いま素晴らしい企業を経営している中卒のやつもいます。

学歴が本当に夢をかなえられなかったかというとそういうことはありません

何をもって才能とするのかちょっとタイムスリップ前にするとですねナンパの話されてたんですよあの方の才能ですよねしかしそれが認められる才能なのかそうでないのかっていうのは人それぞれなんですねそしてそうはいってもコネクション内容これ若い子よく言います。

ねどうやったらネットワーク組めます。

飲みに行きなさいって言います。

どうやって作れるかじゃないんです自分の方からつながる努力をしない限り絶対にコネクション、要はネットワークはできませんしかしながらお金がない経験がない学歴のない才能がないと言いつつも一番出てくるのはこれなんです時間がない忙しいという声ものすごく聞こえます。

学生からくるとショックを受けます。

ねキミがなぜ忙しいのかと朝起きて学校行けばいいんでしょうって90分間のコマ何とかこなせば良いのでしょうましてや休講なんていうと喜んでいるのわけですやったぁ休講!僕も四年間大学行きましたけど休講はものすごく切れていました

そういう感覚で大学通っている子たちは今いないかもしれませんが僕の通っていた大学をサーっと授業で1年間の学費で割ると1時間5250円でした休講をペタっと貼られると5250円取られていくんですよだから講義もできるだけ一番前で受けてこの講義は絶対1200円だよおつり返して欲しいんだけどみたいなことを考えってましたね

すごくねその当時から学生が時間がないというのはこれはもう非常に由々しき問題だなと僕は思っています。

そして主婦の方まあね座光寺さんは主婦でもこんな素晴らしいことをやっちゃうわけですからね時間がないっていうのは本当なんでしょうかというこれが今日のタイトルの時間は財産であるというお話ですでどんな人間にも常に平等常にそこにあるもの僕も持っていないのもあります。

し日本人ですし所属している社会は日本国ですし色々違います。

よね世界各国でもでもこの地球上で今この瞬間にも年齢性別そして国籍人種もすべてひっくるめて平等に与られるもの1つだけあります。

それが時間なんですよねこの時間から生きると働くを考えていたかったんです僕自身は誰でもできるとはいいませんけども本当にできませんかということなんですこれを聞いた後に僕流の夢の様な人生をまあおくるすべというかすごい苦労して僕高校の教員なったんですよね教員はすごく楽しかったですめちゃくちゃ面白かったんですよだって学校へ行って授業して生徒たちとワハハと笑ってお父さんお母さんたちと飲み会やってあの決まった日にお給料が振り込まれてくるんですよこんな素晴らしい職業ははないなぁと思っていましたでもどうしてもやりたかったことがあったので僕は独立を決意したんですねそれで26のときですこの26の時に教員を辞めると言ったときに誰もが反対しました

誰もが反対しそんなことできっこないって言いましたそしてそれは無駄なことではないかとも言われました

いろいろ言われたんですけれども先ほど言ったように僕もやりたかったことなので人の意見ではなくて自分の覚悟のほうを選んでいきましたそしてですね僕がその時から考えていたことです誰も生徒が来ないような学校をつくってどうやって食っていくんだなって言われたときにそれに対する自分の理論武装として24時間分割意識生活というのを始めたんです先ほど夢をあきらめていく諦めの理論のすべてをこれでクリアしようと思ったんですね例えば

この会場の皆さんも平等に僕ら24時間あるんですねそして日本人ですから要は学齢期を過ぎたらやらなきゃいけないこと学生時代にやらなきゃいけないことがます。

あります。

本分として8時間の労働はこれはある意味やらんといかんですね働かないんだったら勉強する時間が8時間あります。

そして生きていくために必要です6時間の睡眠時間まあだいたい1.5をかける何時間寝れば良い話なんですあまりいっぱい寝たからといって健康体というわけでもありませんし睡眠時間が長い方のが逆に寿命が短いなんて話もあります。

独立してから3時間の睡眠時間です

眠たいなぁとも思わないし体調が悪いなとも思いませんまあだいたい6時間くらい寝ておきましょうそしてご飯も食べなきゃいけませんのでご飯食べてお風呂入ったりサニタリーなんかをします。

まあ働いて寝てご飯食べてであれば大体1日のことおわります。

よねここで皆さんに質問です8+6+3=っていうとでます。

よねこれはバカにしてるわけではございません僕にもできる計算だという話です実はもう7時間余ってるんですねここに着目をしました食べていけなかったらば食べるための仕事はこの8時間で

やりましょうしかしそうではないもしかしたらお金にならない非営利の活動はこの7時間に費やそうとこうやったとしてもですよ僕は6時間ちゃんと睡眠をしそして家族と3食食事をしお風呂にも入るんですそして家族を養うだけのライスワークもこの8時間でしっかりやる同時にそれ以上のことをしたかったらこの7時間に着目しさえすればあきらめの理論はすべて解消されるんだって僕の中では考えています。

そしてこの7時間を見つけた人間が実は2回人生を送ることができるんですつまりダブルワークは可能だということなんですね簡単に言うと要は一つは自分たちの生活を守っていくためのライスワークにしていく

そしてもう1つは自分の夢をかなえていったりそして人のために何か時間を使っていくような生き方に使うこれをライクワークって僕らは呼んでいます。

けれども仕事にしていたってかまわないこの方式さえ使えばどんな人でも実は自分のやりたいことを実現できるんではないかと思っています。

要は自分の中にはウイークデイとホーリデイというのはありません月曜日から何日まではウイークデイで休日があります。

という感覚は一切ないんですもうあるのはワークタイムとホーリータイムです1日の中に八時間働きそして8時間自分の中で遊んだり休んだりする時間を今は作ることができています。

どうでもやりたいことが見つかればまたその生活に戻せば良いだけかな僕は思っているのですねそして今日たくさんのスピーカーの方々もお話ししてましたが僕らここにいる会場の100人の方々と僕の目標は違います。

それぞれ100人100通りあるんですねしかし目的は一つです幸せに生きることこれが違う人はいませんね不幸を目指してる人間に僕はであったこともないからですそして3つの幸せ一つめの幸せは段階的に人は生まれてからしてもらう幸せを感じて生きはじめます。

そして二つめ少しずつ成長し大人になってくると自分でできるようになった幸せを感じます。

そして3つ目人にしてあげる幸せを感じるわけですねしてあげる幸せは3つの幸せの中でも中でも最高の幸せなのではないかと僕は思っています。

そして誰もが平等に与えられてる財産ですこれを今日は一番お話ししたかった長野県長寿国ですね僕月に一回沖縄に行ってます。

けど沖縄からトップの座をねぇ勝ち取りました勝ち取ったという言い方はどうかわかりませんけども今も沖縄はそのトップ奪還ために躍起になってます。

あるんですねもしかしたら僕らは100歳まで生きるかもしれませんわかりませんそれはしかし尺度として人生100年とすると我々の財産お金よりも大事な時間という財産は実は87万6000時間なんですそしてしてもらう幸せの期間生まれてから成人するまで社会や保護者にささえてもらう時間は17万5200時間です

人生の中の1/5をこの財産を使ってわれわれは生きていきます。

そして8時間寝たとしてです睡眠時間もこれ財産を使いながら使います。

29万2000時間

まあ高齢の方でもピンピン働かれている方もいらっしゃいます。

から一概には言えませんが

これも社会や周りの人たちから支えられて生きる期間だと考えると

29万2000時間を使います。

じゃあしてあげる幸せ我々が誰かを支えて生きる時間はどれくらい残されているかというと実は11万6800時間しかありませんこれ睡眠時間除いてですからねこれをぎゅっと日にちに換算すると4867日年数にすると13年と4か月しか100年の人生の中でだれかのために使える時間が我々には与えられていないということですこの第三4867日13年4カ月皆さんはこの時間をどのようにお使いになります。

かそして人は生まれた瞬間に人生の中で一番つらい体験をもうしています。

われわれは全員母親の子宮の中からこの世に生み出されてきます。

その過程で身体的苦痛は人生の中でmaxだと言われています。

そしてその身体的に苦しみから解放された瞬間すべての五感が解放されます。

これはもう未知との遭遇です脳の中はもうすべて不快指数いっぱいなわけですねそしてその不快指数を埋めるためにわれわれは何者でもない自分を

母親に抱かれたとき助産師さんに抱かれた時初めてその欲求が満たされそしてそれが脳の快につながっていると言われています。

これは一生を覆すことのできない僕らが一番必要とする欲求なんです誰かに必要とされたいという欲求を満たしていかない限り

我々の幸福感は満たされません

その方法は一つです誰かのために自分の命を使っていくことです命を使うこれを使命と言います。

この使命を僕らはフルに使い切りそして悲しみのないそして命というものを最後まで全うしていくそういう世の中を次世代の子どもたちに手渡す責任があります。

いま震災から3年がたちましたけれどもあの時に日本中は命に対して間違いなくスイッチが入ったはずです

あの津波奪われた3万人の尊い命と

それから10年間黙殺されてきた自死という形でなくなっていく命と僕は同じ価値だと思っています。

しかしそれまでは日本中その死に対してあまりフォーカスをしてくれませんでしたしかし震災をもとにそれが伸びていった時人々は命に対していろんな思いを持ってくださったはずなんですが時とともに財産消化とともにその思いは希薄化しています。

だからこそ今日本はこのことに対して自分の命を使っていく人一人でも増やしていかなければいけないんじゃないかなとそのために僕らはこの活動続けています。

しそして今日皆さんとたぶん出会ったのかなと思います。

このシンクロニシティに感謝しつつ皆さんのこの財産をどう使うかこれからも色々と情報交換していけたらなと思います。

ご清聴どうもありがとうございました。

 

「忙しいから」という理由で諦めずに、「やりたいことをやる」ために”時間”という財産を上手に使いましょう!という素晴らしいプレゼン。

このプレゼンの内容は、起業を志すも一歩が踏み切れないという方が抱く問題を解決する素晴らしい考え方ではないかと思います。

私はこの動画を見て、「起業したい!」「こんなことがしたい!」「あんなことがしたい!」という友人の多くが、「わかっていても諦めなければならない現実」にもがき、苦しみ、やりたいことを出来ていないように感じました。

そんな友人達にこの動画をオススメし、長岡氏が仰るように「時間」から”生きる”と”働く”を考えて、より自分が生きたいように、働きたいように働くために「時間」と上手なお付き合いが出来るようにすべきだと伝えてみたいと思います。

【PR】 20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

 

created by Rinker
¥1,430 (2019/11/23 12:05:54時点 楽天市場調べ-詳細)

 

▼登壇者 & 著者情報

長野県上田市在住。40歳。
高校時代、左半身麻痺になるも奇跡的に回復。その経験から命に向き合い、人生観が大き­く変わる。
上田西高校の教師を5年間務めるも、「公教育で見放されがちな、生き辛さに苦しむ若者­たちに手を差し伸べたい」と、自分の学校を作るために退職。2003年に教え子たちと­設立したHIDBOOKSから出版した自叙伝「脱・教師 ダッセン」が大きな反響を呼ぶ。
2004年に「NPO法人侍学園スクオーラ・今人」を設立し、理事長に就任。生きる力­を共に育む「共育」という理念が多くの賛同者を集め、公教育とは違う道を認められる学­校「オルタナティブ(代替的な)スクール」という教育カテゴリーを確立した。
2008年には厚生労働省の「地域若者サポートステーション事業」を受託。
現在も執筆活動や講演会を行い、新しい生き方のモデル・新しい共育のモデルを訴え続け­ている。
NPO法人侍学園スクオーラ今人
http://www.samugaku.com/

 

就職・転職カテゴリの最新記事