Mac版Excelで「列全体を選択」するショートカットキー設定

Mac版Excelで「列全体を選択」するショートカットキー設定

使いづらいMac版Excel

以前まで何をするにもMacだったのですが、職場が変わり、仕事の時はWindows、休日や帰宅後は自宅のMacとOSを分けて生活することが多くなり、改めてWindows+Windows Officeの凄さを目の当たりにしました。

やはり、Mac版Officeは…ですね。

ということでMac版Officeのどんなところが使いづらいかというと、まずショートカットです。

マウスを使うのが嫌な私はExcelでよくショートカットキーを用いるのですが、よく使うショートカットキーは行全体の選択、列全体の選択で、行全体の選択は「Shift + スペースキー」なので全く問題ないのですが、列全体の選択をしようとすると…

「Spotlight検索」とかいうどうでも良い機能が起動する..

「Ctrl + スペースキー」を何も設定せずにそのまま実行するとSpotlight検索が表示される。

Spotlight検索ってこんな感じ…

「spotlight 検索 mac」の画像検索結果

これじゃない。

これじゃなくて、これがしたいの!

「列全体 選択 Excel mac」の画像検索結果

これ!この美しく縦にハイライトされたこの状態にしたいの。

で、どうやってやるのか。

非常に簡単です。

「MacにSpotlight検索をさせない!」

ということでSpotlight検索を実行させないように設定してみたいと思います。

Spotlight検索のショートカットキー割当を変更する

さて、早速まいります。

まずお決まりの「システム環境設定」を開いてください。

その後、システム環境設定の一覧から「キーボード」を選択。

キーボードを選択したら、次に「Spotlight」を選択すると、「Spotlight検索フィールドを表示する」「Spotlightウィンドウを表示」のどちらにもチェックが入っている状態だと思います。

この状態から「Spotlight検索フィールドを表示する」のチェックを外してください。

外したあとにMac版Excelに戻ってください。

すると、Mac版Excelで理想のあの「列全体を選択」する状態にできると思います。

「列全体 選択 Excel mac」の画像検索結果

てな感じで、Microsoft Office系ツールを便利に使うにはちょっと細工が必要なMac版Excelです。

使い始めるとやはり思うのは…

「よく落ちる」「使いづらい」「ショートカットキーがちょっと違う」

違うOSだからと割り切って使うか、Microsoft系Officeツール(パワポやExcel)使うときだけWindowsを使うのがベストな選択かもしれないですね。。

昔よりはMac版Officeツール大分使いやすくなりましたが、もっともっと使いやすくならないかな。。

Excelカテゴリの最新記事