Chromeの「新しいタブ」表示時のデザインが変更

Chromeの「新しいタブ」表示時のデザインが変更

Google Chromeの新規タブ表示時デザインが変更されました

Chrome使いの方、お気づきの方も多いかもしれませんが、Google ChromeでMacだと「⌘+t」、Windowsだと「ctrl+t」のショートカットキーで開いた際の「新しいタブ」がデザイン変更されました。

どんなデザインに変更されたかというと…

Google検索が表示され、その下によくご覧になるWEBサイトが一覧で表示されるようにデザインが変更され、よりGoogleの神検索が利用しやすくなりました。

アップデートの内容をまとめたものはこちらです。

 

アップデート内容は次の通りです。

  1. 検索 - 開いている新しいタブででGoogle DoodleなどGoogle.co.jpの機能が利用できます –
  2. 最近閉じたタブ - 現在表示しているサイトでChromeメニューから最近閉じたタブを表示できます –
  3. アプリ - ブックマークバーのアプリアイコンをクリックすると、アプリページにアクセスできます –
今回のアップデートの最初の印象として「アプリは!?」とアプリが突然消えたように感じたため、今までにインストールしたアプリがきちんと残されていてホッとしました。アップデートの内容はきちんと確認しないとダメですね。。ww
アプリの表示がきちんと表示されているか確認をしたところ、きちんとブックマークバーに…
表示されていました。
ただ…正直「アプリ」はちょっとダサい。ので、名前を変更しようとしたところ…
はいーーーー。
出ました。できない。笑
とはいえ、こんなに便利なブラウザを「アプリ」の名称が変更できないからといって嫌いになるわけではなく、馴れるまでの辛抱と思い、この件は目をつぶることにしました。(※名称が変更できる方法が分かったらブログ書きます)

今までは、スライダーでいちいち切り替えなければいけなかった機能が別々になり、簡単なアップデートではありますが、個人的には煩わしさが軽減される非常に素晴らしいアップデートだったように感じます。

 

今回のアップデートは、ユーザビリティに配慮し、細かな修正もしっかりと実施できるGoogleの対応力、分析力、解析力が垣間見えますね。

今後もGoogleの動き、Chromeの動きに目が離せません。

hobbyカテゴリの最新記事